英語に関するエトセトラと、TOEFL/TOEIC/IELTS受験勉強の体験談をご紹介します。
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※この記事は11月5日の記事に加筆したものです。

私が使用していた教材は、以下のようなものでした。上から、難易度が簡単になるように並べました。

私の経験からすると、同じCDを何回も聞くのは、正直言って飽きます。(内容を理解してようがいまいが、飽きるものは飽きます。。)

そこで、これらを、飽きたら次のCD、という感じで全てを理解していなくても、日替わりでチェンジして聞きました。毎日1枚ずつチェンジして、1週間~2週間で1サイクルになるような感じで、聞いていました。

これらの教材は、TOEICテスト900点・TOEFLテスト250点への王道でも一部ご紹介されていますが、私も実際に使用してみてgoodだったものです。

選んだ基準は、本を買うというよりCDを買うという感覚です。本は、ヒマなときに目を通すくらいで、まずはCDをどんどん聞きまくってました。
どうしても聞き取れない、何を言ってるかわからないというときに本を参照するくらいでよいかと思います。


【英単語・熟語ダイアローグ1200】CD2枚

大学入試レベルの1200単語が、親しみやすいダイアログ(会話)形式の中に混ぜ込まれているので、自然と覚えられる。

ダイアログも、テレビに関する話題や、人口爆発など多岐に渡っていて飽きがこないように工夫されている。このCDを聞いてみて、簡単すぎるようなら次に進んでよいと思います。

英単語・熟語ダイアローグ1200


【英単語・熟語ダイアローグ1800】CD3枚

ダイアログ1200の姉妹版でちょっと難しくしたもの。TOEICレベルの1800単語を、やはりダイアログ形式の中で混ぜ込んでくれる。これもTOEFL250を目指すには簡単なレベルかと思いますが、千里の道も一歩から。
 
リスニングはいきなり難しいものが聞き取れるわけではないので、このレベルからしっかりおさえるべきだと思います。

英単語・熟語ダイアローグ1800


【戦略的TOEICテスト ボキャブラリー 基本編】CD2枚

TOEICに必要なレベルの単語を覚えさせるために、やはりダイアログ形式で覚えられるという点については、出版社は違うけどダイアログシリーズと同じ。

 TOEICを対象にしているだけに、ビジネスシーンのダイアログが展開される。ちなみに、TOEFLシリーズもあるが、TOEICシリーズの方が単語レベルが簡単なので、こっちからやった方がよい。

戦略的TOEICテスト ボキャブラリー 基本編


【戦略的TOEICテスト ボキャブラリー 完成編】CD2枚

上記の発展版。

戦略的TOEICテストボキャブラリー 完成編


【戦略的TOEFLテストボキャブラリー 基本編】CD2枚

ボキャブラリーシリーズのTOEFL版。TOEFLシリーズはダイアログというよりはナレーターによる朗読となっている。

ナレーションのトピックのバラエティは素晴らしく、自然科学や歴史、文化など、要するに実際のTOEFLで出題されるリスニングやリーディングのネタに似通ったトピックを網羅している。

(アマゾンリンク準備中)

【戦略的TOEFLテストボキャブラリー 完成編】CD2枚

上記の発展版。

戦略的TOEFLテストボキャブラリー 完成編


【超右脳つぶやき英語トレーニング】CD2枚

これは、難易度的には番外編となりますが、いわゆる「速聴」トレーニング本で、ノーマルスピード、2倍速、3倍速が録音されています。

なかなか楽しい本です。構成はダイアログシリーズに似ていますが、速聴スピードが収録されている点と、つぶやき(シャドーイング)用とあって結構使えそうな表現がちりばめられています。

難易度はダイアログ1800と同じくらいなので、興味のある人はお試しあれ。

超右脳つぶやき英語トレーニング


TOEFL用の教材は、TOEIC受験者には若干難しく感じるかもしれませんが、(題材がアカデミックなものが多いため、)逆に、TOEFL受験者はTOEIC用教材をやっておいて損はないと思います。IELTS専用のリスニング教材はほとんど無いため、IELTS受験者は、TOEFL/TOEIC用教材を使えばよいと思います。

更新の励みになります。応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 英語ブログへbanner_02.gif
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ukdiary.blog53.fc2.com/tb.php/25-92508c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2009/05/31(日) 12:01:25 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。